同和問題教室

概要

 ヒューマン・アルカディアでは、同和問題について専任の講師がわかりやすく解説を行う教室を用意しています。
 この教室では、講師による講話と常設展示室の案内を通して、同和問題の歴史などを詳しく知ることができます。
 是非、この機会に職場やPTAの研修等にご活用ください。

対象者

同和問題をはじめ、人権問題についての研修を目的とする10名程度以上の団体

講師紹介

 講師は、白土秀美、中島一磨、竹森健二郎、馬場周一郎の4名です。いずれの講師も、教育、企業、マスコミなどの第一線で人権啓発に取り組んだ経歴を持ち、その豊富な知識と経験をもとに解説を行います。
 この教室では、講師が、同和問題の歴史と現状、自分との関わり、今後の課題などについて講話を行った後、常設展示室に案内し、皆さんと一緒に見学することを通して、同和問題に関する知識を深めることができます。

会場

センターの展示室、研修室など
※展示室への入室があるため料金が必要です。詳しくは「施設案内」のページをご覧ください。

施設案内(展示室の説明)

お申込み手続き

1)申し込み前の確認
  • 同和問題をはじめ人権問題についての研修が目的であること。
  • 10名程度以上の団体であること。
  • 全体で約90分の研修時間を確保できること。
  • 常設展示室への入室料について確認。

※同和問題教室実施の前後に、視聴覚研修室や談話室などを利用した独自学習をご希望の際は、当センターまでご相談ください。

2)事前確認

電話にて、時間と会場の確認をお願いします。

3)申込書の送付

2)の確認後、所定の申込書に必要事項を記入し、センターへご提出ください。

  • 申込書 (PDF)
  • 申込書 (word)
  • ※原則として開催日の1ヶ月前までにご提出ください。
  • ※申し込みはFAXで可
  • ※申込書が届いた段階で正式に申込みの受理といたします(お電話では仮予約のみ)。
【注意事項】
同和問題教室解説の先生は、お申し込みの時間に合わせて、遠方から来て頂いております。到着・終了時間を厳守ください。