特別展

特別展のご案内

特別展

 2016(平成28)年4月14日21時46分以降、熊本県を中心として最大震度7を観測する地震が2度発生しました。
 熊本県内で最大856か所にのぼる避難所が開設される中、熊本学園大学は障がいのある方々や介護が必要な方々を積極的に受け入れ、その独自の取り組みは「熊本学園モデル」として高い評価を受けることとなりました。
 このような取り組みを "記録" と "記憶" に残すため、大阪人権博物館(大阪市)と水平社博物館(御所(ごせ)市)、熊本学園大学(熊本市)によって、この夏から秋にかけて巡回展が開催されました。
 今回、ここ福岡において、熊本学園大学をはじめとする関係者の皆さまのご協力を得て特別展として開催いたします。
 2016(平成28)年4月、「障害者差別解消法」が施行され、この法律によって障がいを理由とする「不当な差別的取り扱い」を禁止し、障がい者が壁を感じずに生活できる「合理的配慮」の提供を行政に義務づけ、会社などの事業者は対応に努めることになりました。
 第44回特別展では、被災地における障がい者への「合理的配慮」、人権保障について、熊本学園大学の避難所における障がい者支援から共に考えます。

第44回特別展「熊本震災と障がい者を受け入れた避難所-熊本学園大学・激動の45日-」チラシ(PDFファイル)

開催期間・会場・入場料
テーマ 熊本震災と障がい者を受け入れた避難所-熊本学園大学・激動の45日-
開催期間 平成29年12月1日(金)~平成30年2月28日(水)
9:00~21:00(日祝日は、17:00まで)
休館日 第4月曜日を除く月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
ただし、年末年始の休館日は平成29年12月28日(木)~平成30年1月4日(木)
会 場 クローバープラザ7階 福岡県人権啓発情報センター特別展示室
(春日市原町3丁目1-7)
入場料 大人200円、高校・大学生100円(団体割引あり)
※中学生以下、65歳以上等は無料
展示内容
内容
Ⅰ.激震から7日
Ⅱ.絆のベストと45日
Ⅲ.未来に伝えるカタチ

ポスター
特別展関連イベント
講演「熊本地震被災下の人権保障」と展示解説
講 師 花田 昌宣さん(熊本学園大学水俣学研究センター 教授)
井上 ゆかりさん(熊本学園大学水俣学研究センター 研究員)
日 時 平成30年2月3日(土)13:30~16:00
会 場 クローバープラザ7階 福岡県人権啓発情報センター 視聴覚研修室
参加費 無料
申し
込み
不要