施設案内

福岡県人権啓発情報センター(クローバープラザ内7F) フロアマップ

当センターでは、県民のみなさまに、人権意識を高めるためのの学習の場として、さまざまな情報提供をいたしております。常設展示をはじめ、特別展示、啓発資料の公開など、各施設のご利用を、こころよりお待ちしています。

ご利用案内
利用時間
平日及び土曜日
午前9時~午後9時
(展示室の入室は午後8時30まで)
日曜日及び祝日
午前9時~午後5時
(展示室の入室は午後4時30分まで)
休館日
原則、第4月曜日を除く月曜日
(祝日の場合は翌日が休館)※8月は第5月曜日のみ休館
【上記以外の休館日】
8月13日~15日(お盆期間)
12月28日~1月4日(年末年始)
アクセス

最寄駅までのアクセス案内をご用意していますのでそちらをご覧ください。

展示室

常設展示室
常設展示室における展示は、同和問題をはじめとする人権問題に関する歴史、生活文化、産業等の資料 (展示資料、映像資料等)を体系的 ・ 具体的に展示し、人権問題の啓発に努めることを目的としています。 テーマ:「同和問題からあらゆる国内外の人権問題へ」
常設展示室
  • プロローグ 歴史を探る
    昔の祭りといえば、村の神社の境内を舞台にして、太鼓、踊りの輪、出店など、楽しいイメージと重なっています。しかし、厳しい差別の壁が…。
  • 差別の歴史と解放への道 歴史-Ⅰ
    藩の成立と身分制度の強化の中で、たくましく生きる被差別身分とされた人々のくらしや芸能活動、差別からの解放に向けて立ち上がる人々の姿を紹介しています。
  • 福岡の産業と民衆のくらし 歴史-Ⅱ
    明治以降の産業の近代化を支え続けた炭鉱での過酷な労働、その中から生活の権利を求めて、労・農運動と連帯し、闘う人々の姿を紹介しています。
  • 人権確立への道 現状と取組
    「オールロマンス事件」や「部落地名総鑑」など様々な差別事象を通して、行政や教育等の課題が明らかになっていきます。特別措置法下における住民参加による「まちづくり」の取組や本県で始まった識字運動の取組等を紹介しています。
  • エピローグ 未来への展望
    ともに集える現在の祭りの情景を通して、人権の尊重こそ私たちの共通の願いであることを訴えています。
特別展示室
特別展示室は、常設展示を補完するとともに、福岡県の特徴的な人権問題やタイムリーな事例、話題性のある人権問題等のテーマを中心に年間2回の展示を行っています。
これまでに取り上げたテーマ 一例
●『民衆』の力を学ぶ~渋染一揆・筑前竹槍一揆~
●自分らしく生きるために~性同一性障害の人たちの人権~
など。
特別展示室
これまでの特別展
両展示室のご利用料金について
展示室のご利用料金
  個人 団体(20名以上)
一般 200円 150円
高校・大学生 100円 80円
小・中学生 無料 無料

※使用料の減免について

  • 65歳以上の方は無料です。
  • 身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料です。
  • 障害者の介護の方も無料となる場合があります。
  • 詳しくはこちらをご覧ください。

啓発資料室

啓発資料室では人権問題に関する図書、ビデオなどの閲覧や貸し出しを無料で行っています。 県・市町村等が作成した啓発冊子もご覧になれます。

図書・ビデオ・啓発冊子の貸し出しについて

図書7冊、ビデオ2本まで貸出できます。
(貸出期間は2週間以内、貸出には利用者カードが必要です。)

啓発資料室

*新規利用者カード
運転免許証、マイナンバーカード(個人番号カード)等ご本人と確認できるものをお持ちください。
(1F総合案内で作成します)
※マイナンバー「通知カード」は本人確認書類として利用できません。

視聴覚研修室

視聴覚研修室ではさまざまな視聴覚教材を活用した研修やセミナー等を開催しています。

(実施中の研修等)

  • 同和問題教室(申込により随時)
  • 県民講座
  • 人権啓発指導者セミナー
  • 人権相談従事職員研修
視聴覚研修室